紅白見ながら

2010年12月31日 § コメントする

年末年始が休みの会社なので紅白なんかを見ながら酒が飲めます。
夕方からビールなど飲みながらテレビを見て・・・・。

今年最後の一枚を描こう。

捨てることの難しさ

2010年12月30日 § コメントする

正月料理の材料や松飾などを買いに出かけました。売り場は混雑して、レジも行列。
疲れて帰りました。

部屋の中のこまごましたものを片付けて少しでも物を捨てようとするのですがなかなか思い切りよく捨てることが出来ません。 小さなメモもそれを書いたときのことが思い出されて、捨てないでどこかにまとめておこうとか・・・。
書棚の中の本もそうです。もう必要なさそうに思えても後々何かで見る時があるかも知れないと思ったりすると捨てられずにまた棚に戻してしまいます。

母が書き損じた年賀状なんかも大事にしています。

ギターによるバッハ

2010年12月29日 § コメントする

今日が仕事納め。
事務所の中を掃除して皆で昼食を兼ねて酒を交わしました。
忘年会と称して誘われることもなく穏やかに帰ることが出来ました。

一年の自分への労いとして音楽CDを買って帰ろうと思い立ちました。
バッハの曲をギターで演奏した「益田正洋 BACH on Guitar」と高橋悠治の「クセナキス:エヴリアリ/ヘルマ メシアン:4つのリズムのエチュード」の2枚のCDを買って帰りました。

初めて聞く益田正洋という人のギターの演奏ですが、バッハの無伴奏バイオリンソナタをギターで弾くことがどれほど難しいことか、そのようなことは横に置いて聞いた感想ですが、この演奏はかなりすばらしいと思いました。

 

1分遅れ

2010年12月29日 § コメントする

ほんの少しアップロードを手間取ったためですが、1分日付をずらせてしまいました。

きょうは最後の忘年会?。
もう30年近い取引のお客さんと今年もお世話になりましたと忘年会でした。

会社は明日まで。 明日、また最後の忘年会になるかも。

2011年1月号

2010年12月27日 § コメントする

帰宅すると岩波書店の「図書」が届いていました。
2011年1月号です。
新しい年に移ってゆくのを感じました。

「図書」の中に連載されている「柿への旅 坪内稔典」を楽しみにしています。 柿に纏わる話ですが大変面白いのです。

その柿ですが、我が田舎の庭にも柿の木があり、大きな先の少し尖った形の渋柿がなります。 11月に帰ると木で熟し始めていて取ってそのまま食べられるものもあります。 熟すととても甘くなっておいしくなります。
その柿が今年はまったく出来ませんでした。5月の遅霜で幼果がみな落ちてしまったのです。
今年は残念ながらこの熟柿を口にできませんでした。

「柿への旅」の今月の話には、熟柿とはったい粉を練って食べるという食べ方と、凍柿という柿を凍らして食べる二つの話がありました。

はったい粉と熟柿をこねたらどんなお菓子ができるのか、忘れずに来年やってみたいと思います。

窓拭き

2010年12月26日 § コメントする

掃除は窓拭きだけで今日はおわり。
後は照明器具の掃除が分担です。こちらは30日にまわしました。
昼食時にビールを飲んだら眠くなって寝てしまいました。

なるようになれと窓拭く年の暮  歩ら

なげやりにへぼな句をひねりながら窓を拭いていたらたちまち日暮れ。

一日中、年賀状

2010年12月25日 § コメントする

今日は年賀状のプリントと宛名書きで一日が終わりました。

やることの内の1つが終わって残るは掃除。
明日一日で片付けば良いのですが・・・。

Where Am I?

ドローイングでちょっと12月, 2010 のアーカイブを表示中です。