寒いくらい

2011年5月31日 § コメントする

今日は寒いくらいでした。

帰りにスーパーに寄ったら、水があちこちに積まれていました。
一時全く無くなったことを思うと嘘のようです。
お一人様何箱でもOK!

でもまた何時水がだめと言い出すかわからない。
そしたらまたあっという間に無くなってしまうだろう。

中央高速道から見る山

2011年5月30日 § コメントする

今日は長野の飯田に行って来ました。
熱帯低気圧に変わった台風の影響で風が強く、雨も時々降り出す1日でした。
中央高速道を走って見る山もまた良いものでした。
雲が低く、高い山の全貌は見ることができませんでしたが、それでも新緑の美しい山々を見ることができました。

1日中、雨

2011年5月29日 § コメントする

今日は1日中雨。
台風接近で西日本から関東まで雨のようでした。

ということで、今日はこれで。

雨の山

2011年5月28日 § コメントする

帰って来たのがなぜか遅く、描いたものがまだ乾いていません。

今日の山行きは最高でした。
雨は小雨。
山の中に入ると木々の下は雫が落ちてくるぐらいのことで雨が降っていないのも同じでした。
雨合羽は雫を受けて、時折大きな雫が落ちると弾く音も鋭く聞こえましたが、雫に濡れるよりも合羽の下にかく汗の方が体を濡らしました。

山の新緑は雨に濡れて輝きを増し、谷から上がる霧に包まれれば柔らかな早緑になりました。

1年ぶりの山歩きは、山も酒も、最高でした。
同伴者に感謝。

明日は山行き

2011年5月27日 § 2件のコメント

明日は一年ぶりに山歩きに出かけます。
天気予報は1日中雨。
予定して行かないのはしゃくだから少しぐらいの雨なら行くぞ!ということで一緒に行く予定の人も同意してくれています。いや、同意してくれていると思っています。

とにかく、明日は山に行きます。

コースは、正丸峠宴会コース。

あしたは、路面が濡れているから下山のコースと酒量に気をつけます。

とにかく、1年ぶり。
雨に濡れた山を味わってきたいと思います。
同伴者に感謝。

1年も経っていないけど

2011年5月26日 § コメントする

今朝、通勤電車で会社のお得意様の方と一緒になってお話することができました。

体のこと、先の地震の時のことなどを話して、前にお知らせしていたこのドローイングのことも話題になりました。

毎日描いているということをお話しすると、絵日記みたいでもあると言われて、思ってもいなかった言葉を聞くことができました。

そうか、「絵日記」か!

今まで毎日描くことに主眼を置いていたので少し重たく感じる時もありました。
でも、絵日記と考えればもっと自然な行為になるのでは。
それにひとつのタイトルをいただいたようにも思いました。

まだ1年も経っていないけど、続けているとこのように意外なことを知ったり感じたりすることができる、ということを改めて思う朝でした。

昨日の続き

2011年5月25日 § コメントする

堀尾貞治さんが三鷹のギャラリー由芽というところで毎年展覧会をされるのを楽しみにしているのですが、今年は10月ということで大分先だなあと思っていたら、昨日の銀座の枝香庵というギャラリーでやりますというはがきをいただいた。
これはやはり見に行かなければと思い会社を早退して行った次第です。

昨年、大阪から来た友達に会うためにやはり早退して銀座に行って心筋梗塞を起こして入院してしまったことを思い出して、場所も同じだしイメージが重なって少し気になりましたが、まあそんなことより行ってみようという思いでした。

段ボールに描いたマチスの面を付けて段ボールに描いたピカソを見て描くということなど、普通の常識の中で生活している人たちが見たら「このおっさんなにしてるの?」と言うかもしれないし、頭がおかしいと思う人もいるかもしれない。

話だけではわからないので堀尾さんには無断で写真をお見せしましょう。

72歳になられたと聞きました。

負けてられない、というか既に完敗といったところかな。

また堀尾さんのすごいところは、昨今のアートを商業化する傾向と真逆に位置しているということにあると思います。日本を代表してベネチアビエンナーレに参加した作家がドローイング作品を惜しげも無く来場者に配るのです。
貰った人はひょっとしたらお宝をもらったかもしれません。(笑)

この展覧会のタイトルは「目方とピソカ」。
金属パイプなどをくっ付けた1キロのオブジェがありました。

10月に何を見せてもらえるのか、楽しみです。

Where Am I?

ドローイングでちょっと5月, 2011 のアーカイブを表示中です。